結婚のきりをつけよう

結婚のきりをつけるための話

結婚を決心することについて

結婚のタイミングはそれぞれのカップルの環境や状況によるものですが、相手を良く知って決心がつくのが平均で3年と言われています。結婚のきっかけは、相手の転勤が決まったとき、女性が30歳になる前、ある程度のお金が貯まったときなどが多いです。好きという気持ちが起こるとドーパミンという脳内物質が出ますが、その期限は3年と言われているので、なるべく3年以内に決めることでタイミングを逃すことなく夫婦になれるということが言えるのです。そのため交際期間があまり長いと婚期を逃してしまうことにつながってしまうこともあるのです。

結婚までの交際期間とは?

20代、30代と年を重ねていくと、結婚のタイミングについて気になっている人も多いです。あまりに交際期間が短すぎると、自分達はお互いに理解し合えていないのではないかという不安や、周りに勢いで決心したと思われないかといった不安を抱いてしまうことがあります。しかし、長ければ良いというものでもなく、結婚適齢期をすぎてしまったり、相手に対して新鮮な気持ちを失ってしまうこともあります。一般的には3~4年程度の交際期間を経てゴールインする人が多いようですが、30代など、タイミングの数が減ってくると、その期間は1年など短くなる傾向があります。

↑PAGE TOP